ニュース
» 2007年03月16日 12時28分 UPDATE

IPAとJPCERT、富士通の暗号化ソフトにおける脆弱性を公表

[ITmedia]

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターおよびJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月16日、富士通が提供する暗号化ソフトウェア「FENCE-Pro」「Systemwalker Desktop Encryption」の自己復号型ファイルにおける脆弱性を、JVN(JP Vendor Status Notes)において公表した。

 これらのソフトウェアで作成した自己復号型ファイルには、正しいパスワードを知らなくとも復号できる問題があるという。これによりIPA・JPCERTは利用者にパッチを適用するよう呼びかけている。

 詳細については、こちら、もしくは、JVNの「JVN#19795972」で確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -