ニュース
» 2007年03月22日 20時24分 UPDATE

バッファロー、HD-PLC方式のPLCモデムを4月に発売へ

バッファローは3月22日、HD-PLC方式に対応した高速PLC(電力線通信)モデムを発表した。

[ITmedia]

 バッファローは、家屋の電力線でLANを実現する高速PLC(電力線通信)モデム「PL-HDP-L1」を4月上旬より発売する。松下電器産業の開発したHD-PLC方式を採用し、親機/子機のセットで2万1000円となる。

画像 PL-HDP-L1/S

 PLCモデムは、親機(マスター機)と子機(ターミナル機)で構成され、親機に子機を登録することで相互に通信できるようになる。バッファローから発売されるモデムは、親機と子機がセットになった「PL-HDP-L1/S」と、増設用の子機「PL-HDP-L1」(1万3600円)が用意されている。

 PL-HDP-L1/Sでは、AES(Advanced Encryption Standard)形式のデータ暗号化セキュリティが設定済み。同じコンセントにつないでSETUPボタンを押すだけで16台までの子機の登録が可能で、同じHD-PLC方式を採用するパナソニックコミュニケーションズ「BL-PA100KT」やアイ・オー・データ機器「PLC-ET/M-S」と似通った仕様となっている。

 同社が計測したモデム間の通信速度は、同一コンセントにつなぐと55Mbps、異なるフロア間では11.9Mbps。また、小型ACアダプタをつないだノイズフィルタ対応のOAタップを介して同じコンセントにつないだ場合、10.8Mbpsとなる。なお、子機を増設して複数の子機が同時に通信すると、速度が低下する。

 同社では、ノイズフィルタ/雷サージに対応しているOAタップにつながないこと、携帯電話の充電器やヘアドライヤー、掃除機、調光機能付き照明器具、HD-PLC以外の方式のPLCモデムと併用しないことを推奨している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ