ニュース
» 2007年04月29日 10時00分 UPDATE

Wikiやブログ機能も追加されたMSの無償コラボレーションツールの実力 (1/4)

Windows SharePoint Services(WSS)3.0では、ブログおよびWiki機能の追加と操作性の向上により、WSSの新規導入とアップグレードを促進できる可能性がある。しかし、一部の新機能については、広範囲に導入する前に十分な検討が必要だ。

[Chris Alliegro,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 MicrosoftがWindows Serverユーザーに無償で提供している使いやすいチームコラボレーションサイトプラットフォームの最新版「Windows SharePoint Services(WSS)3.0」では、ブログとWiki機能が追加されている。これらは、ユーザー同士の非公式なアイディアの交換や、臨時の作業手順の文書化などに利用できるだろう。WSS 3.0では、このほかドキュメント管理、操作性、管理機能も強化されており、新規導入やアップグレードを促進できる材料が揃っている。ただし、大規模なデプロイ(展開)を図る前に、ブログやWikiなど新機能の適切な使用法や、その他の変更によるエンドユーザーへの影響を十分に検討する必要がある。

チームコラボレーションのプラットフォーム

 WSS 3.0は、Microsoftのチームコラボレーションサイト用プラットフォームの最新リリースである。チームサイトは、グループで情報を共有したり共同作業を行う上で便利だ。例えば、製品開発チームであれば、製品機能のアイデアの収集、複数のメンバーによる仕様の策定、プロジェクトのスケジュールの管理、プロジェクトの進捗状況の伝達などにチームサイトを活用できる。

 WSSは、Windows Serverのコンポーネントとしてリリースされている。最新バージョンのWSS 3.0はWindows Server 2003ユーザー向けにダウンロード提供されており、使用権はWindows Serverクライアントアクセスライセンス(CAL)によりカバーされる。インストールと設定さえ済めば、ITスタッフの手を借りずとも、エンドユーザーだけでサイトを作成・編集できる。

 WSS 3.0には、次の重要なコンポーネントが含まれている。

  • 設定済みのWebサイトのテンプレート(ASP.NET 2.0ベースのWebページで構成)。ドキュメントコラボレーションや会議など、チーム作業を支援する。
  • 10個前後のビルド済みのWebパーツ(ASP.NET 2.0 Webページコントロール)。ユーザーによるWSSサイトのコンテンツの表示や操作を可能にする。管理者でもユーザーでも適切なアクセス権があれば、Webパーツを追加、削除、設定、または並べ替えて、ページをカスタマイズできる。
  • ドキュメントおよびサイトユーザーに関する情報(連絡先、お知らせ、仕事など)の表形式のリストを管理するためのユーティリティ。ドキュメントおよびリストアイテムはすべてSQL Serverデータベースに格納される。
  • Webサイトとアプリケーションの設定と構成を管理するためのツールとユーティリティ、およびサイトの実行基盤となるインフラストラクチャー。
  • .NETクラスライブラリおよびWebサービス。パートナーや顧客は、これらを使用してWSSを拡張したりカスタマイズできる。

 WSS 3.0は、チームコラボレーションサイトを構築し、管理するためのアプリケーションというだけではない。Microsoftが提供する企業ポータルWebサイト/アプリケーションプラットフォーム製品「SharePoint Server 2007」の基盤技術の大半を担うものでもある。例えば、WSS 3.0のWebパーツはすべてSharePoint Server 2007にも含まれている。また、SharePoint Server 2007のドキュメント管理機能は、WSS 3.0のドキュメントライブラリを基盤としている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -