ニュース
» 2007年06月14日 11時35分 UPDATE

Interop Tokyo 2007:スマートフォンもシンクライアント化――NTT Comが参考展示

NTTコミュニケーションズが、スマートフォンをシンクライアント化して利用する「モバイルシンクライアント」の参考展示を行っている。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)はInterop Tokyo 2007の同社ブースで「モバイルシンクライアント」の参考展示を行っている。

 シンクライアントとは、クライアントではなくサーバ側で一切の処理やデータ保存を行い、画面データのみを転送するシステムのこと。当初は、クライアント管理の手間やTCO削減といった観点から提唱されてきたが、近年では、情報漏えい防止の観点から注目が集まるようになった。

 既に市場にリリースされているシンクライアント端末の中にも、ラップトップ型、すなわち「モバイル」型製品は多い。これに対しNTT Comが紹介したのは、Windows Mobilde搭載のスマートフォンでシンクライアント環境を実現するサービスだ。PCはもちろん、携帯電話であっても、万一紛失すると「情報流出事故」として扱われることを背景に開発されたという。

interop_nttcom.jpg ブースではNTTドコモの「hTc Z」を用いたデモンストレーションが行われた

 同社ではこれまで、Citrix Presentation Serverを活用したシンクライアントサービス「AGILITシンクライアント」を提供してきた。モバイルシンクライアントは、これにチューニングを加えたオプションサービスとして検討されている。PCとスマートフォンの共存が可能なことが特徴だ。

 またエンドユーザー向けには、スマートフォンに合わせた操作インタフェースを提供する。いくらさまざまなアプリケーションが利用できるとはいえ、PCとは操作感が異なることから、電子メールやスケジューラなど頻繁に利用されるツールについてはボタンタッチなど簡単な操作で利用できる仕組みだ。もちろん、PCと同様、Office文書の閲覧や編集なども行える。

 同社は「よく使われる機能をセキュリティに最大限配慮して提供したい」としており、年内の提供をめどに正式リリースを検討中だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -