速報
» 2007年07月19日 08時08分 UPDATE

Firefox 2.0.0.5のセキュリティアップデート、IE関与の問題も修正

FirefoxとThunderbirdの複数の脆弱性を修正するアップデートがリリースされた。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは7月18日、FirefoxとThunderbirdの複数の脆弱性を修正したアップデートをリリースした。Internet Explorer(IE)の関与で生じる深刻な脆弱性も修正されている。

 Firefox 2.0.0.5とThunderbird 2.0.0.5では、深刻な脆弱性も含めて複数の問題に対処した。このうちIE関与の脆弱性では、ユーザーがIEで悪質なWebページを閲覧し、細工を施したリンクをクリックすると、Firefoxが起動して悪質なコードを実行される恐れがある。

 Mozillaのアドバイザリーによると、今回のパッチでFirefoxとThunderbirdに関してはIEから悪質なデータを受け取らないよう対処したが、この問題はほかのWindowsアプリケーションでも発生し、不正コード実行に使われる可能性があるという。

 この問題をめぐっては、FirefoxとIEのどちらに問題があるのかをめぐり論議になっていたが、Mozilla側ではIEに問題があるとの見方だ。今回のパッチではIEの脆弱性は修正されないと強調している。

 なお、Firefox 1.5のサポートは5月で終了しているため、MozillaはFirefox 2へのアップグレードを強く勧告している。

関連キーワード

Firefox | Internet Explorer | Mozilla | Thunderbird | 脆弱性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ