特集
» 2007年07月28日 13時07分 UPDATE

Firefox Hacks:Mozillaから特定サイト用ブラウザWebRunnerが誕生 (1/2)

Webベースのアプリケーションが増えてきた昨今、Webベースのアプリケーションにより適したツールを提供しようとする試みがWebRunnerだ。大注目のWebRunnerについて紹介する。

[Joe-'Zonker'-Brockmeier,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 最近、Webベースのアプリケーションがデスクトップアプリケーションの代わりに使われるようになってきた。Webベースの、オフィススィート/メールクライアント/マルチメディアアプリケーション/一般的な生産性ツールは今ではどれも非常に便利に使うことができるようになっている。しかしそのようなアプリケーションの実行という観点からは、標準的なWebブラウザは必ずしも最良の方法というわけではない。そこでWebベースのアプリケーションにより適したツールを提供しようと、Mozillaプラットフォームエバンジェリストのマーク・フィンクル氏がWebRunnerに取り組んでいる。

 WebRunnerは、SSB(Site-Specific Browser)と呼ばれるタイプのソフトウェアで、一度に一つのアプリケーションだけを動かすように設計されている。WebRunnerはまだ完成していないが、すでに将来性を感じさせるアプリケーションだ。

 WebRunnerの現在の最新版はバージョン0.5だ。WebRunnerはFirefoxの機能縮小版であり、WebRunner自体のプロセスの中で一度に1つのサイトだけを実行できる。WebRunnerブラウザには最低限のユーザーインタフェース(UI)しかなく、ツールバーやナビゲーションのためのUIさえもない。WebRunnerのウインドウには、Google Reader、Flickr、Webベースのヘルプデスク、各種のWebメール用クライアントといったアプリケーションを使用するのに必要となる最低限のものだけが用意されている。

なぜSSBなのか

 サイトの閲覧にはFirefox(やそのほかのブラウザ)を使用するだけで良いはずなのになぜ特定サイト用のブラウザが必要なのだろうか? 例えばニュースサイトなどのコンテンツ系のWebサイトの場合は、表示がFirefoxを使ったときとほかのブラウザを使ったときとでまったく同じではなかったとしても、たいした問題ではない。しかし、アプリケーションが特定のブラウザではまったく機能しないという場合には、ユーザーにとっては大きな問題となる。

 開発者もユーザーも同じように、ブラウザの非互換性にはうんざりしてきている。多くのWeb開発者がまだ若いのに頭が薄くなってしまったのは、サポートすることを求められたブラウザの大群に必死に対応しようとした結果であることは疑う余地がない。一方でLinuxユーザーも、IEに特化したサイトについて常にブラウザの非互換性に悩まされている。

 一部のWebベースのアプリケーションを、メインのブラウザセッションとは別のプロセスで実行することにはメリットがある。1つには、Firefoxの通常のセッションがクラッシュしてしまった場合でも、生産性アプリケーションのために使用しているSSBは影響を受けない。また、ここ何年かの間にFirefoxやそのほかのブラウザには、閲覧中のページ以外のページやセッションのデータを盗み取られる可能性のある脆弱性が存在していたが、SSBを使えばセキュリティをさらに高めることができる。金融機関などがSSBを提供すれば、ユーザーに自社のオンラインサービスと「だけ」やり取りをさせることができるようになって、ユーザーがフィッシングや詐欺に会う恐れが小さくなるので良いかもしれない。

 開発者にとってのメリットとして、SSBによって単純化されたアプリケーションインタフェースを使用することができるようになるということがあげられる。厳密に言えば、使用しているアプリケーションがブラウザベースなのかどうかについてユーザーが知っている必要はまったくない。WebRunnerの開発がもう少し進めば、「ここをクリックしてアプリケーションを起動する」以上のことをユーザーが知る必要なく、WebRunnerで特定のサイトを実行するようにカスタマイズしたパッケージが作られるようになるだろう。

 最後に、WebRunnerではほかのブラウザ(Firefoxも含む)ではできないようなカスタマイズも可能になるはずだ。というのも、Firefox用の拡張は多くのWebサイトで問題が出ないように対応する必要があるが、SSBの拡張やカスタマイズは1つのWebサイトやサービスにのみ適用できればよいためだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -