ニュース
» 2007年08月09日 08時09分 UPDATE

株価操作スパム、1日で30%の激増 かつてない規模へ

「かつてこれほどの規模の株価操作スパムはこれまで見たことがない」とSophos。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSophosは8月8日、特定企業の株価操作を狙ったスパムが過去24時間で急増し、これが原因で世界のスパムの量が30%増えたと報告した。

 問題のスパムは各国で出回っており、添付のPDFファイルでPrime Time Groupという会社について偽のニュースを流して買いを推奨。これは若者向けのワイヤレス製品を販売している会社で、スパムが原因で株価が急騰しているという。

 スパム送信側は安値で同社株を入手し、買いを推奨することで人為的に価格をつり上げた後、売却する狙いだとSophosは解説している。

 このスパムはドイツで最初に見つかり、世界各地に急拡大した。攻撃者に制御されたホームPCから送信されているという。「これほどの規模の株価操作スパムはこれまで見たことがない」とSophosは指摘する。

 Sophosの報告書によれば、株価操作スパムが全スパムに占める割合は、2005年1月の0.8%から現在は約25%に上っている。

関連キーワード

スパム | PDF | Symantec(シマンテック)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -