ニュース
» 2007年08月11日 07時18分 UPDATE

IBM、ブラジルにメインフレームソフト開発支援センターを開設

IBMがブラジルに開設した「System z Center」では、最新のメインフレームや14テラバイトのストレージなどを、地元企業のアプリケーション開発の場として提供する。

[ITmedia]

 米IBMは8月10日、メインフレームソフトウェアセンター「System z Center」をブラジルのサンパウロに開設した。「System z9」の最新機種のほか、容量14T(テラ)バイトの「System Storage DS8300」を擁し、リソースの限られた地元企業に対し、メインフレームアプリケーションの開発・テストの場を提供する。

 System z Centerは、同社4カ所目、南米では初のメインフレームソフトウェアセンター。ソフトウェアトレーニングや、IBMメインフレームを使ったソリューションの事例紹介なども行うという。

 IBMはこれまでにも、「High Performance On Demand Solutions Laboratory」や「Software Localization Lab」などをブラジルに開設し、地元企業に対し、ソリューション開発やローカライゼーションのサポートなどを提供している。

関連キーワード

IBM | メインフレーム | ストレージ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -