ニュース
» 2007年08月18日 07時38分 公開

IBM、「Lotus Notes & Domino 8」を正式リリース

IBMが、Lotus Notes & Domino 8の正式版の提供を開始。メールやIMなどのほか、ワープロや表計算などのオフィスツールも利用できる。

[ITmedia]

 米IBMは8月17日、グループウェア「IBM Lotus Notes 8」と「IBM Lotus Domino 8」の正式版をリリースした。

 バージョン8ではインタフェースを刷新したほか、電子メールや予定表、インスタントメッセージング(IM)に加え、関連文書や表計算、プレゼンテーション機能などのオフィスツールの一元管理を可能にした。ブログやフォーラムなどのカスタムアプリケーションなども取り込んだほか、BackpackやAtom、タグ、REST、Ajax、JSONといった「Web2.0」技術を採用、Webべースでのコラボレーションを軽量化したという。RSSリーダーも搭載されている。

domino

 Eclipseを基盤として再構築されており、文書フォーマットはOpen Document Format(ODF)をサポート。プラットフォームは、クライアント側ではLinuxとWindowsを、サーバ側ではWindowsとLinuxに加え、Sun SolarisやAIX、IBM System iに対応する。

 Lotus Notes 8の価格は、クライアントソフトが101ドルから。ブラウザベースのIBM Domino Web Accessクライアントは、ユーザー当たり73ドル。サーバソフトは、バリューユニット(機種別サーバ単位課金)当たり14.75ドルから。サーバとクライアントをセットにした中小企業向けのLotus Domino Expressは、ユーザー当たり99ドル。ボリュームディスカウントも用意している。

関連キーワード

IBM | Notes | OpenDocument Format | Web2.0


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -