ニュース
» 2007年10月25日 09時00分 UPDATE

スパム中継国、トップは米国

Sophosの報告書によると、全スパムのうち米国経由で送られたスパムの割合が圧倒的に多かった。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSophosは10月24日、第3四半期のスパムメール中継国に関する報告書を発表した。トップは依然米国が占め、2位以下との差は拡大している。

 Sophosは各国のスパムトラップで受信したスパムメールを分析し、全スパムのうち米国経由で送られたスパムの割合は28.4%を占めることが分かった。

画像 スパム中継国ランキング(Sophosより)

 2位の韓国は5.2%、中国は4.9%。以下ロシア、ブラジル、フランス、ドイツ、トルコ、ポーランド、英国、ルーマニア、メキシコの順となっている。

 大陸別では、米国経由のスパムが増えたせいで、北米の占める割合が32.3%となり、アジア(31.1%)と欧州(24.8%)を抜いて最大のスパム中継地域になった。

画像 スパム中継大陸別ランキング(Sophosより)

 こうしたスパムメールは、ボットネットとして制御されたコンピュータを使って配信されているとSophosは指摘。米国経由のスパムを減らすには、当局がユーザーに危険性を認識させる取り組みを強化し、制御されたマシンを見つけ出すためISPの監視を強めてもらうしかないと解説している。

関連キーワード

スパム | Sophos | ボットネット


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -