ニュース
» 2007年11月20日 12時36分 公開

サイトの安全確認は「有名企業」と「SSL対応」重視が6割――ベリサイン調べ

日本ベリサインがインターネットユーザー800人を対象に行った調査では、6割の回答者がサイトの安全確認に「有名企業かどうか」「SSL対応かどうか」を重視すると答えた。

[ITmedia]

 日本ベリサインは11月20日、インターネットユーザーを対象に行った「インターネットセキュリティに関する意識調査」の結果を発表。個人情報の漏えいなどに不安を感じる姿が明らかになった。

 この調査は、同社がクロス・マーケティングに委託して行い、インターネットで個人ユーザー800人から回答を得た。個人情報の漏えいに不安を感じる瞬間は、「オンラインショッピング」が80.3%、「銀行口座の出入金」が78.4%、「Webでの会員登録」が66.8%、「Webでの資料請求」が61.5%となった。

インターネットサービスを利用する際に安全性を確認をするために確認すること

 インターネットサービスの安全性を確認する際に重視するのは、「SSL対応」が67.3%、「有名な企業であること」が65.2%となった。この結果について、同社では「評判だけでなく、SSL対応かどうかを目視で確認するユーザーが多いようだ」としている。一方、SSL証明書への信頼について、44.4%が「(個人などの)情報入力を求めるサイトでは必須」と回答したのに対し、34.8%が「SSL対応サイトでも安心はできない」と回答した。

 また、フィッシング詐欺対策の意識では、7割近くのユーザーがフィッシング詐欺犯罪を認知しているものの、「対策が分からず、取れない」が36.8%、「対策は知っているが、取っていない」が21.5%となった。同社では「フィッシング詐欺の被害防止に対する意識が低いようだ」としている。

 詳細な調査結果は、12月中旬に同社サイトで公開される予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -