ニュース
» 2008年01月15日 14時39分 UPDATE

日本エフ・セキュア、企業向けセキュリティソリューションをSaaS形式で提供

日本エフ・セキュアは、セキュリティソフトウェアと管理ポータルを含むSaaS型のセキュリティソリューションを3月1日から発売する。

[ITmedia]

 日本エフ・セキュアは1月15日、セキュリティソフトウェアと管理ポータルを含むSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型のセキュリティソリューションを3月1日から発売すると発表した。セキュリティサービス市場を開拓する製品として拡販し、セキュリティ製品のシェア拡大を目指す。

 セキュリティソリューション「F-Secure ビジネスセキュリティ」を発売する。ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、rootkitなどの脅威から、ノートPCやデスクトップPC、各種サーバ、ワークステーションを保護できる。

 ファイアウォールやアプリケーション制御、スパム制御の機能を備え、Web上の専用ポータルから簡単な操作でセキュリティを管理できる。同社がソリューションの保守を担当するため、ユーザーはセキュリティ管理のハードウェアやソフトウェアのアップデート、パターンファイルの更新、管理サーバのメンテナンスが不要となる。

 価格は1〜24ユーザーの場合1人当たり年額6600円、250ユーザー以上の場合1人当たり年額4200円となる。

関連キーワード

セキュリティ | SaaS | F-Secure


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -