ニュース
» 2008年01月15日 17時12分 UPDATE

日本HP、ファイルサーバへの直接アクセスを防ぐソフトを発表

サーバへ直接アクセスせずにファイルの取得などが可能なセキュリティ製品を日本HPが発表した。

[ITmedia]

 日本HPは1月15日、ファイルサーバへアクセスせずにWeb経由でデータの参照や更新ができるソフトウェア「HP IceWall File Manager 3.0」を発売した。

 同製品は、ファイルサーバとクライアントPCとの間で代理サーバとして動作する「リバースプロキシ」型のサーバ管理製品。ユーザーはファイルサーバに直接アクセスせず、Webブラウザ上でドラッグ&ドロップによりファイルの取得などを行う。画面や機能を変更するためのAPIが提供され、ファイルサーバに合わせたカスタマイズができる。

 セキュリティ面では、アクセス制御、アクセスログ管理などの機能を提供するほか、認証機能を持つ「HP IceWall SSO」製品と連携することにより、ファイルサーバを含めたWebアプリケーションのシングルサインオン環境の構築も可能になる。

 価格は、199万5000円から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -