連載
» 2008年01月15日 20時32分 UPDATE

オルタナブログ通信:物あふれ時代が呼んだロングテール化――企業生き残りの選択肢 (1/2)

2008年はどのような年になるのだろうか。さまざまな分野でロングテール化が進み、政治でもインターネットを見過ごせなくなってきた。地球温暖化防止へ向けてグリーンITはどうすべきか。オルタナティブ・ブロガーたちは、ITにまつわる時事ネタを、独特の感性で解いていく。

[森川拓男,ITmedia]

新年の抱負

 2008年がスタートした。

 読者は、どのような正月休みを過ごしただろうか。といっても、正月気分なのはわずかな時間で、昔と比べて普通の休みと変わらなくなってきているような気がしてしまうのは、気のせいだろうか。三が日でも、いつものようにやっているコンビニなどの小売り店、たこ上げや羽根突きなどの風景が見られない街中……。

 しかし、一年の始まりであることは確かである。

 この時期こそ、新年の抱負を考える意味があるのではないか。永井孝尚氏「永井孝尚のMM21」新年の抱負では、正にこのことを書いている。

 ほかにも、何人かのオルタナティブ・ブロガーが、新年の挨拶とあわせて抱負を投稿していたが、大木豊成氏「走れ!プロジェクトマネージャー!」2008年 大木豊成のあり方は、含蓄深いエントリーだったように感じた。「自分なりにカッコよく」――筆者も、かくありたいと思った。

 また、高橋晶子氏「高橋晶子のセキュリティ漂流記」仮想化セキュリティについて考えるで提起された問題は、確かにこれから増えていくことは間違いない。一ユーザーとしても、勉強していく必要があるだろう。

 さて、皆さんは年始にあたってどのような抱負を考えただろうか。今からでも遅くはない。「1年の計は元旦にあり」と言う、まずは年の頭のうちに、今年の目標を定め、それに向かって進んでいくのが、無為に時間を過ごさない唯一の方法ではないだろうか。

年末年始のオルタナティブ・ブログ

 150組のオルタナティブ・ブロガーが、ITに関する時事ネタなどを独自の視点から日々発信するアイティメディアのビジネス・ブログメディアが、「オルタナティブ・ブログ」だ。「オルタナブログ通信」は、この「オルタナティブ・ブログ」へ投稿された幾つかのエントリーをピックアップして、読者にナビゲーションする目的で連載しているものである。

 2008年最初の今回は、1月3日〜1月9日にかけて投稿された160余りのエントリーの中から、冒頭で触れた「新年の抱負」のほか、「流行」「スパム」「ロングテール」「ネットと選挙」などといったキーワードに注目し、筆者の視点でピックアップさせていただいた。ぜひ、読者の皆さんが「オルタナティブ・ブログ」を読む際の参考にしてほしいと思う。

graph20080110.gif 1月3日〜1月9日を最新としたオルタナティブ・ブログのステータス

 今回は、1月3日〜1月9日を「1月1週」として、過去8週分の投稿数データをグラフ化した。オルタナティブ・ブログの「見える化(可視化)」である。

 年末年始は、予想通り総合エントリー数が落ち込んだ。ただし、投稿されたブログ数などは、意外と変化がなかったことが分かる。投稿されたエントリー総数は、1月3日以降ではまた持ち直してきて上昇してきた。このまま右肩上がりになっていくのか、それともまた下がってしまうのか。12月27日には、佐々木康彦氏「平凡でもフルーツでもなく、、、」が、新たなオルタナティブ・ブロガーに加わって、1月8日までに10エントリーを投稿されている。今後に注目したい。

 さて、吉川日出行氏「ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦」の連載企画、[定点観測]実名ブログ界の動向 2007年12月版〜28ヶ月にわたる冬眠から目覚めたブロガーが投稿された。ここでも特記されているが、本連載でもエントリーを紹介したことがあるブログが予告なく削除されてしまったのは、筆者も驚いた。オルタナティブ・ブロガーの中には、事実上の幽霊状態になっている人もいるが、それらでも過去のエントリーは読めるようになっている。従って、ブログそのものが完全に削除されてしまったのは驚きを隠せなかった。このほかにも、数年ぶりにブログ更新を再開した方も居たりと、12月の動きには注目すべき点が多かったことがうかがえて興味深い。ぜひ目を通してもらいたい。

 ここで、12月31日〜1月6日の週間アクセスランキングから注目点を紹介しよう。

 年末年始ということもあろうか、1位に「あけおめ!・・にしては遅くてすみません(笑」(トラパパ@TORAPAPA)がランクインしていた。また、5位の「年忘れ!にっぽんの歌の良さがわかってきた」(一般システムエンジニアの刻苦勉励)、6位の「『のだめ』スペシャル欧州編前編」(夏目房之介の「で?」)も、年末年始のテレビ番組の話題だ。

 そして2位には「WiiFitを始めて1週間」(キャピタリストの視点)、3位に「コンパクトデジカメと、デジタル一眼と、銀塩フィルム。画質はどの程度違うのか?」(永井孝尚のMM21)、4位に「iPodも「パッケージ買い」の時代に」(CloseBox and OpenPod)といったデジタル家電とでもいうべき話題に関して上位に入ってきたのも、時節柄だろうか。

 そんな中でも、8位に「地域2.0と地域活性化(4) --YouTubeやニコニコ動画じゃだめなのか?」(『ビジネス2.0』の視点)、9位に「ニコニコ動画がユーザーに謝罪」(安藤怜のロンドン灯)、10位に「プロのオリジナル曲を初音ミクにうたってもらった」(CloseBox and OpenPod)といった具合に、動画や初音ミクに関する話題も滑り込んでいたのが目に付いた。2008年も注目されるキーワードのようだ。

 それでは、1月3日〜1月9日のオルタナティブ・ブログに投稿された幾つかのエントリーから、いったいどのような話題が展開されてきたのかを見ていこう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -