ニュース
» 2008年01月24日 11時57分 UPDATE

PHS回線でも軽快に――AG TECHが持ち出しPC向け暗号化ソフト発売

エージーテックは、PCのデータを暗号化し、復号鍵をサーバで管理するソフトウェア「セキュリティコンパクト」を発売。PHS回線でも利用できる。

[ITmedia]

 エージーテックは1月24日、アステックインタナショナルが開発したデータ暗号化ソフトウェア「セキュリティコンパクト」を2月5日に発売すると発表した。

 同製品は、ユーザーがPC内のファイルを専用フォルダなどへドラッグ&ドロップするだけで、AES 128ビットの強度でファイルを暗号化し、同時に生成される復号鍵をサーバで管理する。ユーザーはサーバ認証を経て、ネットワーク経由で復号鍵を入手できる。復号鍵を入手する際のアクセス情報がサーバに記録される。

 PCとサーバ間でやり取りされるデータは、復号鍵の情報のみであるため、社外などでPHS回線を利用した場合でも軽快に動作するという。これにより、持ち出しPCなどでの情報漏えいのリスクを軽減できる。

 価格は、5ユーザーの場合で20万円、10ユーザーの場合が35万円。追加ライセンスは10ユーザー単位で5万円となる。

関連キーワード

暗号化 | PHS | 情報漏洩 | 認証


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -