ニュース
» 2008年01月30日 08時48分 UPDATE

Cisco、パレスチナ地域の経済開発へ1000万ドルの投資

今後3年にわたり、ICT分野でのトレーニングプログラム開発のほか、中小企業に対する投資などを予定している。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは1月30日、パレスチナ地域における雇用創出や経済開発を目的として、1000万ドルの投資を行うと発表した。投資は3年間にわたり、パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長との協力で行われる。

 主な投資内容としては、情報通信技術(ICT)分野でのトレーニングプログラムの開発のほか、同地区の中小企業に対する数百万ドル規模のベンチャー投資などが予定されている。

 「民間企業と協力して市場経済を構築することは、われわれの優先事項の1つ」とアッバス議長。「(Ciscoの投資による)貢献が、この地区の繁栄と平和を手助けすると期待している」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -