ニュース
» 2008年01月30日 16時33分 UPDATE

Sun、輸送コンテナ型データセンターを投入

米Sun Microsystemsは、輸送用コンテナにデータセンター機能を組み込んだ「Project Blackbox」の名称を変更し、製造、医療、通信分野の企業向けに提供を開始した。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは1月29日(現地時間)、輸送用コンテナにデータセンター機能を組み込んだ「Project Blackbox」「Sun Modular Datacenter (Sun MD) S20」として発売した。製造、医療、通信分野の企業向けに提供する。

 Project Blackboxは、ISO標準の輸送用コンテナにサーバやネットワーク基盤機能を詰め込んだ仮想的なデータセンター。コンテナ内には最大250台のサーバ、7Tバイトのメモリ、2Pバイトのストレージなどを搭載できる。

 設置場所の準備や検証、ITインフラとSun MDの統合を支援するサービス「Sun MD Suite of Services」の提供も開始した。システムをリモート監視する遠隔管理サービスなどがある。

 日本では4〜6月に製品の発表を予定している。

image Sun Modular Datacenter S20。日本で発表された「Project Blackbox」とはデザインが違うものの、基本仕様に大きな変更はない

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -