ニュース
» 2008年01月31日 15時04分 UPDATE

日本IBM、消費電力37%減のx86サーバ最新版を発表

日本IBMは、従来機に比べ約3.2倍の処理能力を持ち、消費電力を約37%削減できるx86サーバの最新版を発表した。

[ITmedia]

 日本IBMは1月31日、マルチノード対応のx86サーバのハイエンドモデルを発表した。価格は261万4500円から。

 4Uラックマウント型の「IBM System x 3950 M2」を3月21日から出荷する。クアッドコア Xeonプロセッサ7300番台(2.93GHz)を1ユニットに最大4個搭載できる。メモリの拡張は最大1Tバイトまで可能。従来機の「IBM System x 3950」に比べ約3.2倍の処理能力を持ち、消費電力を約37%削減できる。最大4ノード/16ソケットまでのマルチノードに対応する。

image IBM System x 3950 M2

 サーバ1台当たりのシステムの初期設定を20分でできるソフトウェア「IBM ServerGuide」や、システムの統合管理ソフトウェア「IBM Director」も同梱している。

 シングルノードモデル「IBM System x3850 M2」をマルチノード対応にアップグレードするオプション「スケールエクスパンダー オプションキット」も提供する。x86アーキテクチャ4ソケット(16コア)のサーバを16ソケット(64コア)に拡張できる。価格は84万円で、2月29日から出荷を開始する。

 「IBM System x3850M2」の価格をサーバ本体で最大約30%、オプションで最大約40%値下げしたことも併せて発表した。

関連キーワード

IBM | サーバ | x86


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -