ニュース
» 2008年02月08日 20時21分 UPDATE

サン、Ruby on Railsを正式サポートしたNetBeans最新版

サン・マイクロシステムズは2月8日、オープンソースの統合開発環境の新バージョン「NetBeans 6.0.1」の提供を開始した。

[ITmedia]

 サン・マイクロシステムズは2月8日、オープンソースの統合開発環境(IDE)の新バージョン「NetBeans 6.0.1」の提供を開始したと発表した。NetBeansのコミュニティサイトから無償でダウンロードできる。

 NetBeans 6.0.1ではRuby、JRuby、Ruby on Railsを正式にサポートした。エディタの強化やインストールとアップグレードの簡素化、Swing GUIの開発機能の強化、Java統合開発環境「Sun Java Studio Creator」からの移行機能も追加した。オープンソースのアプリケーションサーバ「GlassFish」、「JBoss」「Tomcat」「WebLogic」などのアプリケーション開発で利用できる。

 NetBeansは、Sun JavaStudio EnterpriseとSun Java Studio Creatorとの機能統合を進めている。UMLモデリング機能やアプリケーションプロファイリングなどをNetBeansで利用できるようになった。

image 開始画面とRuby on Railsアプリケーション

関連キーワード

Ruby | 統合開発ツール | IDE | UML


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ