ニュース
» 2008年02月14日 15時32分 UPDATE

EMCが大型ストレージ向けSSDを発売、「10年に1度の革新」

EMCジャパンは、ハイエンドストレージ向け高速メモリドライブを3月31日から国内で発売する。

[藤村能光,ITmedia]

 EMCジャパンは2月13日、ハイエンドストレージ「EMC Symmetrix DMX-4」向け高速メモリドライブを3月31日から国内で発売すると発表した。

 フラッシュメモリを利用した高速メモリドライブのSSD(Solid State Disk)をEMC Symmetrix DMX-4に搭載して利用する。一般的に利用されている毎秒1万5000回転のファイバチャネルHDDに比べて、1秒当たりのI/O処理数が30倍となり、応答時間を最大10倍短縮できる。電力を消費する駆動部を持たない構造のため、ストレージアレイにおいてドライブ当たり38%の消費電力を削減できる。容量は73Gバイトと146Gバイトをそろえた。

image EMC Symmetrix DMX-4

 為替や電子商取引のシステム、リアルタイムのデータ入力処理、メインフレームのトランザクション処理といった環境での用途を見込む。

 ハイエンドストレージにSSDを採用するのはEMCが初という。米EMCのブライアン・ギャラガ上席副社長兼ゼネラルマネジャーは「SSD採用はストレージ市場において10〜20年に1度の革新。今後は(HDDに代わり)主流となる」と胸を張った。

image ブライアン・ギャラガ氏

 価格は非公開。「I/O性能は磁気ディスクの30倍。それに見合った価格になる」という。Symmetrixシリーズで2008年に300台以上の販売を目指す。

関連キーワード

EMC | ストレージ | フラッシュメモリ | SSD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -