ニュース
» 2008年02月14日 20時58分 UPDATE

ネットアップ、仮想化環境のデータ管理を効率化するソフトを発表

日本ネットワーク・アプライアンスは、仮想化システム環境におけるデータ管理を効率化する2つのストレージ管理ソフトウェア新製品を発表した。

[ITmedia]

 日本ネットワーク・アプライアンスは2月14日、仮想化システム環境におけるデータ管理を効率化する2つのストレージ管理ソフトウェア新製品を発表した。既存製品の機能も強化し、仮想化による企業の情報システムの利用効率向上とITコスト削減をサポートする。

 発表したのは「SnapManager for Virtual Infrastructure」および「Provisioning Manager」。

 SnapManager for Virtual Infrastructureは、仮想化システム環境上で動作する全てのOS、アプリケーション、データのバックアップ/リカバリ、複製(レプリケーション)、災害復旧を一括して自動で行うソフトウェア。

 Provisioning Managerは、仮想システム環境のサーバとストレージの利用率を可視化し、ボリューム単位でストレージ容量の割り当てを自動で行うGUIベースのソフトウェアとなっている。既存のストレージ統合管理ソフトである「Operations Manager」のオプション機能として提供する。

 また、Oracle、SQL Server、SharePoint Server、Exchange Server専用の「SnapManager」製品にVMwareとの連携機能を追加する。SnapManagerの基本機能であるデータベースのバックアップ/リカバリを仮想化システム環境においても活用できるようになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ