ニュース
» 2008年02月15日 20時01分 UPDATE

京大がスパコンを刷新 理論ピーク性能が7倍に

富士通は、京都大学から現行システムの7倍の理論ピーク性能、3倍以上のメモリ容量、100倍のストレージ容量を持つスパコンを受注した。

[ITmedia]

 富士通は2月15日、京都大学から大規模クラスタシステムを中核としたスーパーコンピュータシステムを受注したと発表した。

 HPCサーバ「HX600」416台で構成するスーパーコンピュータの大規模クラスタシステムはサーバ1台当たり「クアッドコアAMD Opteron プロセッサ」を4個搭載する。分散並列演算部では、最大理論ピーク性能が61.2TFLOPSに達する。

image HPCサーバ「HX600」

 UNIXサーバ「SPARC Enterprise」7台で構成する大規模SMPクラスタ演算サーバは、1台当たり「SPARC64」プロセッサ(128CPUコア)および1Tバイトのメモリを搭載する。ディスクアレイ装置は「ETERNUS2000モデル200」32台で構成。800Tバイトのデータを保存できる。

 現在稼働しているスーパーコンピュータ「PRIMEPOWER HPC2500」で構成するシステムの後継機となる。システム全体の理論ピーク性能は現行システムの7倍以上、総メモリ容量は3倍以上、総ストレージ容量は100倍以上。消費電力は1TFLOPS当たり85%削減できる。

関連キーワード

スーパーコンピュータ | HPC | 富士通


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -