ニュース
» 2008年02月21日 08時31分 UPDATE

Operaブラウザアップデート公開、3件の脆弱性に対処

「Opera 9.26」では画像プロパティ処理の問題など3件の脆弱性が修正された。

[ITmedia]

 Opera Softwareは2月20日、複数の脆弱性に対処したデスクトップ向けブラウザ最新版の「Opera 9.26」を公開した。

 Operaのアドバイザリーによると、バージョン9.26では3件の脆弱性が修正された。このうち最も危険度が高い脆弱性は、悪用されると画像のプロパティを利用してスクリプトを実行することが可能になる。

 残る2件はユーザーに任意のファイルをアップロードさせることができてしまう脆弱性と、クロスサイトスクリプティングの脆弱性。リスクはいずれも中程度とされている。

 Opera 9.26は同社サイトからダウンロード可能。Windows、Mac、LinuxなどのOS対応版が公開されている。

関連キーワード

Opera | 脆弱性 | ブラウザ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ