ニュース
» 2008年02月25日 14時44分 UPDATE

MS、Silverlight 2のβ版リリースへ

Microsoftが「Silverlight 2」の最初の公開β版を近くリリースする。Silverlightアプリケーションの開発に、Visual Basicなども使えるようになる。

[ITmedia]

 米Microsoftが、メディア再生用ブラウザプラグイン「Silverlight」の次期版のβリリースを予定している。同社開発者がブログで明らかにした。

 Microsoft開発者スコット・ガスリー氏は、次期版「Silverlight 2」の最初の公開β版が「間もなく」リリースされると述べている。

 Silverlight 2には、クロスプラットフォームでクロスブラウザのバージョンの.NET Frameworkが含まれ、開発者はどの.NET言語(Visual Basic、C#、Javascript、IronPython、IronRuby含む)でもSilverlightアプリケーションを開発できる。

 また、Microsoftのグラフィックスエンジン「Windows Presentation Foundation(WPF)」ベースのUIフレームワークを備えるため、リッチなWebアプリケーションの構築が容易になるという。アプリケーションの作成をより簡単にするため、フォーム制御(TextBox、CheckBoxなど)、レイアウト管理パネル(StackPanel、Gridなど)、スライダーなどの共通機能の制御に使えるビルトインコントロールも提供する。

 ネットワーク関連では、REST、WS*/SOAP、POX、RSS、標準的なHTTPの呼び出しをサポートする。また、.NET基本クラスライブラリを含み、HTML DOM/JavaScriptを.NETコードに統合できるようにするAPIも提供する。

 Silverlight 2は、コンピュータに.NET Frameworkがインストールされていなくても実行できる。β1のサイズは4.3Mバイトという。

関連キーワード

Silverlight | Microsoft | β版 | .NET


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -