ニュース
» 2008年02月26日 11時28分 UPDATE

Google、日米を結ぶ1万キロの光海底ケーブルを建設

Googleは、日米間を結ぶ約1万キロの光海底ケーブルをKDDIなどと共同で建設する。

[ITmedia]

 Googleは2月26日、日本と米国間の光海底ケーブルを共同で建設する協定をKDDIなどと締結したと発表した。

 千葉県の千倉とロサンゼルスを結ぶ約1万キロの光海底ケーブル「Unity」を建設する。DWDM(高密度波長分割多重方式)技術を利用して最大7.68Tbpsまで容量を拡張できる。総建設費は3億ドルで、2010年1月〜3月の運用開始を予定している。

 急増している日米間のインターネット通信や、大容量化の進む企業間の通信に対応する。アジアを結ぶ光海底ケーブルの「第2アジア・太平洋ケーブルネットワーク」などと接続することで、アジアと米国間の通信需要にも対応できる。

 協定はKDDI、インドのBharti Airtel、マレーシアのGlobal Transit、香港のPacnet、シンガポールのSingTelと締結した。

image ネットワーク概念図

関連キーワード

Google | KDDI | 高密度 | インド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ