ニュース
» 2008年02月27日 08時17分 UPDATE

Windowsケータイに感染するトロイの木馬――正規アプリとセットで流通

感染すると携帯端末の情報を外部に送り、セキュリティ機能を無効にするという

[ITmedia]

 Microsoftの「Windows Mobile OS」を搭載した携帯端末に感染し、セキュリティ機能を無効にしてしまうトロイの木馬が中国で見つかった。米McAfeeが2月26日のブログで伝えている。

 それによると、このトロイの木馬「WinCE/InfoJack」は、Google Maps、株取引アプリケーション、ゲームといったさまざまな正規アプリのインストールファイルと組み合わせて配布されており、メモリカード上で自動的に実行される。

wmtj.jpg ゲームなどのアプリケーションを利用しようとすると自動的にインストールされる(McAfeeのブログから)

 感染すると、端末のシリアル番号やOSなどの情報を外部に送信するほか、端末のセキュリティ設定を変更して署名のないアプリケーションでも警告表示なしでインストールされるようにしてしまう。ブラウザのホームページを書き換える機能も持つ。

 WinCE/InfoJackは、ある特定のWebサイトが作成して配布していたが、現在このサイトは当局の捜査を受けてアクセスできなくなっているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ