ニュース
» 2008年03月03日 18時34分 UPDATE

富士通のWebアクセシビリティ診断ソフト、20万ダウンロード達成

富士通は、Webサイトのアクセシビリティを診断するソフトウェアのダウンロード数が累計20万本を達成したと発表した。

[ITmedia]

富士通は3月3日、Webサイトのアクセシビリティを診断するソフトウェア「富士通アクセシビリティ・アシスタンス」のダウンロード数が累計20万本を達成したと発表した。

 同ソフトウェアは高齢者や障害者が利用しやすいホームページであるかを診断するもの。ホームページの使いやすさを診断する「WebInspector/Web Accessibility Inspector」、背景色と文字色の組み合わせが見えやすいかを判定する「ColorSelector」、色覚特性ごとに表示内容がどう見えるかを実験する「ColorDoctor」で構成する。日本語版、英語版、中国語版、韓国語版を無償で提供している。

 同社のホームページから無償でダウンロードできる。

関連キーワード

富士通 | 韓国


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ