ニュース
» 2008年03月06日 14時02分 UPDATE

SAPジャパンがERPの新たな拡張方針

SAPジャパンはSAP ERP 6.0の機能を拡張するエンハンスメントパッケージの第3弾を2008年の第2四半期から提供すると発表した。

[ITmedia]

 SAPジャパンは3月6日、SAPの基幹業務ソフトウェアの最新版であるSAP ERP 6.0の機能を拡張するエンハンスメントパッケージの第3弾を、2008年の第2四半期から提供すると発表した。SAP ERP 6.0のユーザー企業に無償で提供するもので、今後も段階的にリリースする。数年に一度大規模にソフトウェアを更新するのではなく、小刻みにエンハンスメントパッケージを提供して機能拡張を図るERPの新たなアップグレード方針とアピールしている。

 第3弾では、1400種類以上の選択可能な新機能や小売、卸売、公共サービス、製造業など業界に特化した機能を追加したほか、業界共通のコア機能も強化した。

 エンハンスメントパッケージと一緒に、50種類以上のエンタープライズ・サービスも提供する予定。例えばヘルスケア業界向けのコラボレーションネットワーク機能などだ。エンタープライズ・サービスの半分以上をパートナー企業やユーザー企業と共同開発した。

 エンハンスメントパッケージはSAP ERP 6.0用に提供されるソフトウェア新機能で、必要とするものだけを選択して利用できる。具体的には新しいユーザーインタフェース、業種共通の機能拡張、業種特化型の機能拡張、エンタープライズサービスなどが含まれる。最新版には、それ以前のエンハンスメントパッケージのすべての内容が含まれることになる。

 エンハンスメントパッケージによる機能拡張の利点として、必要なものを選択して利用できる点、テストなどを含めた作業が軽い点が挙げられる。稼働システムの中断も最小限にとどめられるという。一方、従来のような「5年に一度大規模に」といったイメージが強いソフトウェアアップグレードでは、システム障害が発生する可能性が高くなったり、回帰テストやトレーニングなどの手間がかかったりすることが多く、高コストになりがちだった。

 機能を自由に選択できるなど柔軟な拡張を可能にしている点について、同社カスタマーイノベーションセンターでビジネスアプリケーションマネジャーを務める松村浩史氏は「(SAPが推進するSOAである)エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャの利点。SAP ERP 6.0がユーザー企業に提供する最大のメリットだ」と話している。

関連キーワード

SAP | ERP | テスト | SOA | ユーザーインタフェース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -