ニュース
» 2008年03月12日 12時50分 UPDATE

MS、Home Serverのデータ破損問題を認める

この問題を修正するフィックスのβ版は、数カ月以内に登場する見通し。

[Steven J. Vaughan-Nichols,eWEEK]
eWEEK

 米Microsoftは3月10日、「Windows Home Server」を一般的なアプリケーションと併用するとデータが破損する恐れがあることを技術ブログで認めた。

 ブログによると、Microsoftは「2007年12月末」から「データ破損の問題」を認識していた。具体的には、同社はKnowledgeBaseで、Windows Home Serverユーザーがサーバ上で複数のHDDを走らせていると、Windows Vista Photo Gallery、Windows Live Photo Gallery、Microsoft Office OneNote 2007および2003、Microsoft Office Outlook 2007、Microsoft Money 2007、SyncToy 2.0β、Intuit QuickBooks、人気BitTorrentクライアントのuTorrentでデータの破損が起きる可能性があると説明している。

 これらのプログラムを使ってファイルを編集、コピー、移動したときに、ファイルが破損する可能性がある。Microsoftはブログで、「きわめて少数のユーザーでこの問題が確認されたことを認識している。ほとんどのユーザーは影響を受けない可能性が高いと確信している」と述べている。

 とは言え、Microsoftの技術エバンジェリストの1人ボルカー・ウィル氏は、Home Serverの問題で180Gバイト分のデータを失った。同氏はMSDNの自身のブログに次のように記している。「もう一度インストールする気になったとしても、バージョン2.0まで待ちたいかもしれない。わが家では週末までにこれを使用禁止にする。申し訳ないが、これはいいアイデアだと思う。このバージョンはまだ十分に使える段階にない」

 Microsoftは次のように話している。「この問題を修正することがHome Serverチームの最優先事項であり、修正作業はかなり進んでいる。今はこの問題を理解している。OSの低層部分で起きており、フィックスで確実に対処するには徹底的なテストが必要だ」

 それでも、担当プログラマーでさえ「現時点での計画では、数カ月以内にフィックスのβ版をリリースし、正式版は今の予想では2008年6月になる。テストが進めば予定は変わるかもしれないが。フィックスの徹底的なテストは重要であり、時間がかかる」と認めている。

 Windows Home ServerはMicrosoftの企業向けサーバ製品とは関連がない。

関連キーワード

Microsoft


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -