ニュース
» 2008年03月12日 17時19分 UPDATE

日立がJP1の新版 PCやサーバの省電力化に対応

日立製作所は、統合システム運用管理製品「JP1」の新版を3月13日から発売する。

[ITmedia]

 日立製作所は3月12日、統合システム運用管理製品「JP1」の新版を3月13日に発売すると発表した。

 最新版では、企業システム内のオフィスPCの省電力設定を一元管理できるほか、データセンターのサーバを省電力で運用することも可能となった。

 PCの省電力管理は、JP1のITコンプライアンス製品「JP1/NETM/Client Security Control」と「JP1/NETM/DM」を利用する。PCモニターの電源オフやCPUの省電力モードなどのポリシーを設定し、部署ごとにポリシーに適応しているかを時系列順にリポートできるようになった。JP1/NETM/Client Security Controlの価格は26万2500円から。JP1/NETM/DMの価格は17万8500円。

 サーバの省電力機能は、小型無線センサー製品「日立 AirSense」と統合コンソール製品「JP1/Integrated Management」を使う。サーバラック上などに置いたセンサーが放熱などを検知し、コンソールに通知することで、熱異常などを把握できる。JP1/Integrated Managementの価格は315万円から。

関連キーワード

JP1 | 運用管理 | 日立製作所


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -