ニュース
» 2008年03月21日 11時36分 UPDATE

2億台の携帯電話へ迷惑メールを大量配信、中国移動が謝罪

携帯電話会社の管理上の抜け穴を突いて、ネット広告会社が大量の迷惑メールを送信した。

[ITmedia]

 中国でこのほど、2億人の携帯電話ユーザーへショートメッセージによる迷惑メールが大量に送信され、携帯電話事業者の中国移動(China Mobile)が謝罪した。同国発の報道を引用してセキュリティ企業のSophosが伝えた。

 それによると、China Mobileの管理上の抜け穴を突いて、ネット広告会社7社が2億人以上のユーザーにあててSMSで迷惑メールを送信した。7社の中には米NASDAQ上場企業のFocus Mediaも含まれていた。

 中国の携帯電話利用者は5億5500万人といわれ、企業の間でユーザーの個人情報が取引されることも頻繁にあるとSophosは指摘する。

 しかし携帯電話へのスパムメール送信は許されることではなく、中国はほかの国にならって明白なスパムメール規制を設けるべきだとSophosは提言している。

関連キーワード

携帯電話 | 中国 | Sophos | ネット広告 | SMS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -