ニュース
» 2008年03月27日 18時18分 UPDATE

シマンテック、Windows対応を強化したバックアップの新製品発表

シマンテックは、Windows Server 2008に対応したバックアップソフトの最新版「Backup Exec System Recovery 8」を発表した。

[ITmedia]

 シマンテックは3月27日、バックアップソフトウェア製品の最新版となる「Backup Exec System Recovery 8」を発表した。4月15日に発売する。

 新製品は、Microsoft Windows Server 2008に対応するほか、オフサイトにおけるシステム保護やリカバリ機能の強化、物理環境と仮想化環境間でのシステム移行をスムーズにする「Restore Anywhere」機能を搭載するなど、複雑なシステム環境における短時間復旧を実現するという。

 特にオフサイトにおけるバックアップ機能では、管理者がFTPを利用して遠隔地にあるシステムのリカバリポイントを自動的にコピーできる。また、外付けHDDやネットワーク上の共有リソースに自動コピーができるようになった。

 オプション機能を利用して、Microsoft Exchange Serverのメールボックス、フォルダ、メッセージ、添付書類のほか、共有化した各種のドキュメントデータを単一のインタフェースを使って短時間に復旧できるという。Restore Anywhereでは、物理環境から仮想環境(P2V)、または仮想環境から物理環境への変換(V2P)をシームレスにできるようになっている。Backup Exec for Windows Serversと組み合わせることで、企業内に保管された機密性の高いデータの保護と短時間復旧を可能にするとしている。

 製品価格は、サーバ向けのServer Editionが18万7200円(1サーバ当たり)、小規模環境向けSmall Business Server Editionが11万8700円(同)、ワークステーション向けDesktop Editionが1万2400円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -