ニュース
» 2008年03月27日 19時02分 UPDATE

NECと日立、OSSのミドルウェア/Linux環境を共同開発

NECと日立は、オープンソースソフトウェアを利用したミドルウェアおよびLinux環境の共同開発で提携する。

[ITmedia]

 NECと日立製作所は3月27日、企業システムへのオープンソースソフトウェア(OSS)ミドルウェア/Linuxの適用拡大を目的に協業すると発表した。OSSを利用したミドルウェアおよびLinux環境の共同開発に着手する。

 提携では、PostgreSQLやMySQLなどのデータベースサーバ向けソフトウェアや、JBossやTomcatなどのアプリケーションサーバ向けソフトウェアを対象に、OSSミドルウェアを利用したシステム構築・運用の円滑化を支援するツールの共同検証、開発・相互導入を推進する。当初は、NECのOSSデータベースメンテナンスツール「InfoFrame DB Maintenance」の日立への導入、日立の統合システム運用管理「JP1」とNECのOSS データベース監視ツール「InfoFrame DB Monitor」の連携ソリューションを開発する。

 また、従来から両社がOSSコミュニティーと共同推進するLinuxシステムの障害時のメモリ解析支援ツール(カーネルクラッシュダンプ)において、障害発生時の処理経過をトレース情報として採取し、障害解析を可能にする「カーネルトレース機能」の開発を促進する。

 両社では、共同開発の成果をOSSコミュニティーに提供するとともに、基幹システム向けサービスとして両社がそれぞれに提供する計画だという。また、ほかの企業とも協業を拡大していく方針だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ