ニュース
» 2008年03月31日 16時53分 UPDATE

アドビ、ソフトウェア資産管理の支援を本格展開

アドビ システムズは、製品を利用するユーザー企業にソフトウェアの資産管理を支援する活動を展開すると発表した。

[ITmedia]

 アドビ システムズは3月31日、製品を利用するユーザーにソフトウェアの資産管理を支援する活動を展開すると発表した。

 同社のソフトウェア資産管理(Software Asset Management:SAM)支援活動は、SAMのコンサルティングサービス、パートナー企業のSAM実行の支援、認証プログラムやSAMの情報提供、関連団体との連携がある。

 コンサルティングサービスでは、アドビがSAMのコンサルティングサービスを提供。ユーザー企業はソフトウェアの資産状況を把握し、管理のアドバイスを受けることができる。SAMのコンサルティング、評価、インベントリ、購入支援、およびトレーニングなどを提供する企業と実施する「SAMパートナープログラム」も提供する。ユーザー企業は、パートナー企業からSAMの支援を受けられる。

 SAMを実施したユーザー企業には、実行体制を認証する「アドビSAM認証プログラム」を開始する。製品のライセンス情報やSAMの最新情報を提供する「アドビSAM News Letter」や、SAMの基準策定への協力や普及活動を進める公的機関や業界団体などとの連携も支援する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -