ニュース
» 2008年04月04日 13時18分 UPDATE

SNSの友人が突然スパマーに! Facebookで被害広がる

米Fortinet によれば、SNSのユーザーになりすまし、コメント欄などにスパムメッセージを書き込む手口が広がっている。

[ITmedia]

 米Fortinetは4月3日、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)のFacebookで、ユーザーになりすまして悪質なスパムメッセージを氾濫させる手口が広がっているとアドバイザリーで紹介した。

fcbkspm.jpg Facebookに書き込まれた例(Fortinetより)

 この被害は、SNS内の友人のプロフィールにコメントを掲載する機能を利用し、フィッシング詐欺サイトなどへ誘導するメッセージを書き込むというもの。Fortinetによれば、盗み出されたSNSユーザーのアカウントを第三者が入手して不正利用し、友人を装ってメッセージを書き込んでいるという。

 SNSサイト大手のMySpaceにも同様の被害が確認されており、Facebookに被害が広がったとFortinetでは分析。スパムメッセージにあるリンクの1つが詐欺犯罪集団と関連していることも判明したという。

関連キーワード

Facebook | SNS | フィッシング | なりすまし | MySpace


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ