ニュース
» 2008年04月04日 19時18分 UPDATE

いよいよ出荷カウントダウン:Windows Server 2008 & Vista SP1のキーワード――速い、安心、手間いらず

マイクロソフトは「速い、安心、手間いらず」をキーワードに、企業ユーザーに対しWindows Server 2008とWindows Vistaを組み合わせた導入を勧めていくという。

[ITmedia]

 マイクロソフトは4月4日、「Windows Server 2008およびWindows Vistaで提供する企業ユーザー向け製品価値」について報道陣に対し説明を行った。

SP1を待つ必要は無い。安心して導入してほしい

 冒頭、登壇したマイクロソフト Windows本部 中川哲氏は、出荷を控えたWindows Server 2008について、「(オートアップデートがあるので、本来待つ必要はないのだが、と断りを入れつつも)いわゆるSP1相当の機能と信頼性を備えている。サービスパックのリリースを待ってWindows Server 2008の導入を検討しようと考えている企業ユーザーも、安心して導入してほしい」と自信を見せた。

画像 Windows本部 中川哲氏

 Windows Server 2008とWindows Vistaを組み合わせた環境により享受できるメリットとして、まず挙げられるのはファイルコピーのパフォーマンス向上だという。I/Oのバッファリングサイズが従来の128kバイトから1Mバイトに向上したことや、ファイルコピー時のメモリ割り当てを最適化したことで、ローカルコピーが約10%、USB経由のコピーで約20%、ネットワークコピーにいたっては、約70%の速度向上が見られるという。

 ファイル共有プロトコルについても従来のSMB1.0からSMB2.0へと移行し、さらにTCP受信ウィンドウのオートチューニング機能が実装されることで、ネットワーク上でのパフォーマンスそのものが改善される。

network_p.jpgnetwork_test.jpg パケットの送受信が1対1であるSMB1.0に対し、SMB2.0では複数の要求に応答できるため、ネットワーク帯域を圧迫しない(写真左)。Windows XPとWindows Server 2003の組み合わせに対し、Windows VistaとWindows Server 2008の組み合わせではファイル転送が約6倍高速化したという(写真右)

 また、ポリシーベースのクライアント管理を行う「ネットワークアクセス保護(NAP)」により、管理者は社内ネットワークの健全性を維持できる。NAPの検疫機能はWindows VistaとWindows Server 2008の標準コンポーネントとして実装されており、検疫に対する追加コストについては、基本的に発生しない。

画像 Windows Server製品部 藤本浩司氏

 Windows Server 2008については、来る4月15日に国内正式出荷となる。「Windows VistaとWindows Server 2008をセットにすることで、“速い、安心、手間いらず”をキーワードにNGN基盤への対応や効率の良い企業システムの構築を実現していく」(Windowsサーバー製品部 藤本浩司氏)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -