ニュース
» 2008年04月07日 12時18分 UPDATE

「JRuby 1.1」を正式リリース、NetBeans 6.1開発版にもバンドル化

JRubyの作者トーマス・エネボー氏は、「JRuby 1.1」をリリースしたと発表した。

[荒浪一城,ITmedia]

 JRubyの作者トーマス・エネボー氏は4月5日、「JRuby」プロジェクトの2番目のメジャーリリースとなる「JRuby 1.1」を発表した。

 JRubyは、米Sun Microsystemsのチャールズ・ナッター氏とトーマス・エネボー氏らによって開発されている。

 エネボー氏によれば、JRuby 1.1はパフォーマンスの向上を目的に、ここ9カ月間で大きな進歩を遂げた。従来のJRubyはパフォーマンスが低いと評価されてきたが、最新版はRuby 1.8.6の性能を超えるアプリケーションが数多くあるという。また、マイクロベンチマークの結果では最新のRuby 1.9に勝るとしている。

 今回のリリースでは、AOT(Ahead Of Time)とJIT(Just In Time Compilation)モードによるJavaバイトコードへのRubyコンパイルの実現、正規表現ライブラリ「鬼車」のJavaへの移植、Refactored IOの実装、メモリ消費量の改善、Ruby 1.8.6との互換性を目的とした数千項目の修正対応などを図った。

 JRuby 1.1は、オープンソースの統合開発環境「NetBeans 6.1 開発版」にもバンドルされている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -