ニュース
» 2008年04月08日 09時05分 UPDATE

ジュニパー、10Gbps対応の不正侵入防御アプライアンスを発売

ジュニパーネットワークスは、10Gbpsのスループットに対応した不正侵入の検知防御アプライアンスを発売した。

[ITmedia]

 ジュニパーネットワークスは4月8日、不正侵入の検知防御アプライアンスの新製品として10Gbpsのスループットに対応した「IDP8200」など4製品を発売した。製品価格はいずれもオープンとなる。

 IDPシリーズは、ネットワーク上のパケットを詳細に解析するステートフル検知・防御機能を搭載し、アプリケーションやOSの脆弱性など狙ったネットワークごしの攻撃を遮断する。新製品は、「IDP75」「IDP250」「IDP800」「IDP8200」の4製品。

IDP8200.jpg IDP8200

 IDP8200は、業界最速クラスとなる10Gbpsのスループットを実現し、最大80GビットのI/O、侵入検知のフル機能を装備する。パフォーマンスを損なうことなく、ネットワークを保護できるようになる。

 IDP75とIDP250、IDP800はの3機種は少規模事業所からサービスプロバイダまでの幅広い環境に対応したモデル。バイパス機能を内蔵して、ネットワークの接続性を維持できるようにしたほか、脅威を管理する「Unified Access Control」やSSL VPNアプライアンス「Secure Access」とも連携できる。

 各製品は同社代理店経由で販売される。

関連キーワード

アプライアンス | ネットワーク監視 | VPN | IDS | IPS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -