ニュース
» 2008年04月10日 19時17分 UPDATE

チェック・ポイント、管理機能を強化したIPS新製品を発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズはIPS(不正侵入防御システム)の新製品となる「IPS-1 R65.1」を発表した。

[ITmedia]

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは4月10日、IPS(不正侵入防御システム)の新製品となる「IPS-1 R65.1」を発表した。管理機能を強化している。

 新製品では、危険性の高い攻撃を抽出し、管理コンソールに強調して表示するGUI「Situational Visibility」機能を搭載した。同機能を利用することで、リアルタイムに攻撃の発信源や種類、影響、推奨される対応策、キャプチャされた攻撃パケットなどを確認できる。独自のフォレンジックツールを使用して、不審なネットワークイベントを把握でき、評価や必要な対策を迅速に実施できるという。

 また、複数の攻撃の検出と分析ができる「Hybrid Detection Engine」や、必要となるセキュリティ対策の実施を指示する「Attack Confidence Indexing」機能を搭載する。管理プラットフォーム「SecurePlatform」とも連携し、導入および運用を効率的にできるようになるという。

 新製品は、同日より出荷を開始している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -