ニュース
» 2008年05月01日 15時50分 UPDATE

あいまい検索で必要なデータを取得――サイベースが新サービス

サイベースとアイエニウェア・ソリューションズは自然言語を入力して必要なデータを検索できるBIサービスを提供すると発表した。

[怒賀新也,ITmedia]

 サイベースとアイエニウェア・ソリューションズは5月1日、自然言語を入力して必要なデータを検索できるBI(ビジネスインテリジェンス)サービスを提供すると発表した。「過去3カ月で買い物金額が多い客10人を挙げよ」のように、ユーザーが自然言語で問い合わせるだけで情報を取得できる。

 提供するのは、サイベースの情報系クエリーエンジン「Sybase IQ」と、自然言語解析機能を備えるアイエニウェアのミドルウェア「Answers Anywhere」を組み合わせたサービス。導入支援コンサルティングも含まれる。Sybase IQのパートナー企業経由および直販により、6月1日から販売を開始する。

sybase.jpg サイベースとアイエニウェアの早川典之社長

 両社の社長を務める早川典之氏は「従来のBI製品は一部のデータ分析担当者が主なユーザーだった。新サービスは、分析やITに詳しくないユーザーが簡単にデータを閲覧できるようにした」と話す。あいまいな言葉でも、意図に沿った検索結果を得られるのが特徴という。

 ユーザーにとっての導入効果として、担当者のひらめきを本物のデータで気軽に検証できる、顧客や取引先、経営者からの問い合わせに急いで回答できる、いろいろな集計を実施して業務監視のための効果的な指標を設定できるといった例を挙げた。一方、情報システム部門にとっても、リポートの集計依頼が減るなどの利点がある。

 自然言語解析の要となるAnswers Anywhereは、九州大学大学院システム情報科学研究院知能システム部門の雨宮真人教授による、マルチエージェントについての研究成果が基になっている。事柄同士の依存関係を解析して、推論や文章解析、文脈追跡を行う。

 新サービスの参考価格は2940万円。Sybase IQ 2CPUコア、Answers Anywhere 1CPUチップ、導入支援コンサルティング1.5カ月分を含んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ