ニュース
» 2008年05月12日 16時35分 UPDATE

キヤノンソフト、Webアプリ自動開発ソフトで使えるワークフロー製品を発表

Javaのソースコードを100%自動生成してWebアプリケーションを作るソフトウェアの新版と、ワークフローを組み込める製品を発表した。

[ITmedia]

 キヤノンソフトウェアは5月12日、Webアプリケーションを自動開発するソフトウェアの新版と、オプション製品を5月14日に発売すると発表した。

 発売するのは「Web Performer V1.1.2」と、そのオプション製品「Web Performer ワークフローオプション」。

 Web Performer V1.1.2は、Javaのソースコードを100%自動生成し、開発を完全に自動化するWeb Performerに、開発したアプリケーションを英語のOS上で起動させられるといった機能を追加している。Webアプリケーションを完全に自動生成できるため、人によるミスをなくすことができ、Javaのノウハウを持たない企業でも活用できる。

 Web Performer ワークフローオプションは、Web Performerで作成したアプリケーションにワークフロー機能を組み込める製品。複数のアプリケーションを連携するワークフローの作成も可能となる。

 価格はWindowsとSystem iの本番環境に対応する「Web Performer SE版」が280万円、1開発クライアント当たり20万円となる。Web Performer ワークフローオプションは250万円。2010年までに200社の受注、20億円の売り上げを目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -