ニュース
» 2008年05月21日 08時50分 UPDATE

SaaSビジネスの拠点に:富士通、館林にデータセンター新設 2009年に稼働

新棟の延べ床面積は約2万2000平方メートルになる。

[ITmedia]

 富士通は5月20日、群馬県館林市にあるデータセンターを拡張すると発表した。同センター内に新棟を建設し、2009年に稼働させる。企業におけるデータセンター利用の急増に対応する。

 新棟の延べ床面積は約2万2000平方メートルで、太陽光発電設備やRFIDによる人位置情報管理システムなどを導入する。今後はデータセンター間でグリッド技術などを採用し、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)ビジネスの拠点として使う予定という。

関連キーワード

データセンター | 富士通 | グリッド | RFID | SaaS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -