ニュース
» 2008年05月27日 20時18分 UPDATE

NotesやSalesforceから地理情報を利用 マジックソフトがEAI技術

地理情報サービス「GeOAP」の情報を「Lotus Notes/Domino」や「Salesforce」から利用できるようになる。

[ITmedia]

 マジックソフトウェア・ジャパンは5月27日、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型の地理情報システムとNotesなどの業務システムを連携するEAI(企業アプリケーション統合)技術を、東京ガス・エンジニアリングに提供したと発表した。

 マジックソフトウェア・ジャパンのEAI製品「Magic jBOLT」のアダプタを使うことで、東京ガス・エンジニアリングのSaaS型地理情報サービス「GeOAP」と業務システムをつなぐことが可能となる。「Lotus Notes/Domino」や「SAP ERP」「Salesforce」など50種類以上の業務システムから地理情報を利用できるようになる。

 Magic jBOLTのアダプタとテンプレートを利用することで、Webサービスのデータ連携に詳しくない技術者でも、地理情報を組み込んだ業務システムを短期間で構築できるという。業務アプリケーションからGeOAPの地図情報を利用する場合、GeOAPのAPIを使ってサービスを呼び出すプログラムを開発する必要があった。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Notes | Salesforce.com | Lotus Notes | SaaS | API | EAI | ERP | 地図


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -