ニュース
» 2008年05月30日 19時58分 UPDATE

2時間で学べる:会津若松市、e-ラーニングでOpenOffice.orgの職員研修

庁内のPCにOpenOffice.orgを導入することを発表した会津若松市は、その職員向け研修にアシストのe-ラーニングを採用した。

[杉浦知子,ITmedia]

 会津若松市は5月28日に庁内のすべてのPCにオープンソースソフトウェア「OpenOffice.org」を導入すると発表した。続いて5月30日には、OpenOffice.orgの職員研修用にアシストのe-ラーニングシステムを採用し、研修を開始していることをアシストが明らかにしている。

 会津若松市が採用したe-ラーニングコンテンツは、アシストがOpenOffice.org支援サービスとして販売しているコンテンツ「OpenOffice.org入門(eラーニング版)」だ。初めてOpenOffice.orgを使う人を対象とし、OpenOffice.orgの基本操作から代表的な機能である表計算(Calc)、ワープロ(Writer)、プレゼンテーション(Impress)の使い方を基本から学ぶことができる。また、アシストが社内にOpenOffice.orgを導入した経験をもとに、特に便利な機能や質問の多かった点などを中心に解説している。

 会津若松市総務部情報政策課副主幹の本島靖氏はe-ラーニングシステムについて「Microsoft Officeとのメニューの位置の違いなどを基本から学ぶことができ、解説や操作が簡単だった。2時間という短時間でOpenOffice.orgの使い方を理解できる」と話している。また「職員の間で研修の評判は良い」と本島氏は話している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -