ニュース
» 2008年06月17日 12時00分 UPDATE

ルールに基づき内容を評価:メール内容を点数化して本人に確認 HDEが新製品

ビジネスパーソンの多くが経験する電子メールの誤送信。電子メールの内容を独自のルールで評価し、送信者に確認を促す製品をHDEが発売する。

[ITmedia]

 メールアドレスを間違えたり、ファイルを添付せず送信したりしてしまうなど、電子メールの誤送信は後を絶たない。メール暗号化サービスを展開するHDEは6月17日、電子メールの送信をサーバ側で保留し、送信者に確認を促すメールゲートウェイソフトウェアを6月27日に発売すると発表した。

 新製品の名称は「HDE Mail Cop」。メールの内容を独自のルールに基づいて評価し、送信者に内容を確認する機能を搭載しているのが特徴。「あて先ホスト名」「会社名や名前、敬称」「社内あて先」の確認など12種類のルールに基づいて電子メールの内容に点数を付け、点数に応じて即時配信、一時保留をして配信、保留の後自動削除のいずれかを実行する。

 送信したメールをサーバ側で一定時間保留できる機能も持ち、送信者がミスに気付いた場合、管理画面にアクセスして送信メールを削除できるようになっている。保留時間は管理者が自由に設定できる。

hde-kanri01.jpghde-kanri02.jpg HDE Mail Copの管理画面

 同社の調査によると、ビジネスパーソンの7割が電子メールの送信の際に「ファイルを添付せずに送信」「書きかけのメールを送信」といったミスを経験している。「HDE Mail Copは電子メールの内容をルールに基づいて評価できるため、ついうっかりで生じるミスを減らせる」(同社プロダクト本部マーケティング部の中込剛プロダクトマネジャー)という。

 対応するOSは、Red Hat Enterprise Linux 5とRed Hat Enterprise Linux 4。動作確認済みのメールクライアントはMicrosoft Outlook 2003/2007、Microsoft Outlook Express 6、Mozilla Thunderbird 2。VMware Server 1.3およびVMware Infrastructure 3による仮想化環境でも動作を確認している。

 価格は250ユーザー版が52万5000円、500ユーザー版が94万5000円となる。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

HDE | 暗号化 | メールアドレス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -