ニュース
» 2008年06月17日 07時50分 UPDATE

ページランキング稼ぎか:YouTubeの偽サイト出現、ログイン情報の入手が目的か

偽のWebサイトは正規のYouTubeビデオにリンクさせてあり、ユーザーはだまされていることに気付かない可能性もある。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のTrend Microは6月16日、動画共有サイトのYouTubeを装ってユーザーのログイン情報を盗もうとする偽サイトが見つかったと伝えた。

 それによると、この偽サイトには正規のYouTubeビデオにリンクするスクリプトが仕込んであり、ユーザーは自分が偽サイトにいることに気付かないまま動画を検索・閲覧してしまう可能性がある。

youtubephis.jpg YouTubeの偽サイト。ビデオだけは正規サイトにリンクしている(Trend Microより)

 偽のサイト上でYouTubeにログインすると、本物のYouTubeサイトにリダイレクトされるが、ログインページは偽サイトの中にあるため、ユーザー名とパスワードが盗まれる危険が高いという。

 目的は盗んだログイン情報をページランキング稼ぎに利用することにあるとみられる。「金銭的動機は薄いかもしれないが、攻撃者が盗んだ情報をヒット数を増やしたい相手に売り込む可能性もある」とTrend Microは指摘する。

 この偽サイトへリンクするスパムメールの出現も予想されるが、Trend Microは既に偽サイトの悪質なドメイン2つをブロック済みだという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ