ニュース
» 2008年06月24日 19時44分 UPDATE

定義や事例を紹介:インサイダー取引に歯止めを 富士ソフト子会社が動画コンテンツ

インサイダー取引の定義や事例が学べる動画コンテンツを東証コンピュータシステムが提供する。

[ITmedia]

 富士ソフト子会社の東証コンピュータシステムは6月24日、企業のコンプライアンスを強化する動画コンテンツ「よく分かる!インサイダー取引2008」の提供を7月1日に開始すると発表した。

 同コンテンツは、社員に法令順守を徹底してもらうことを狙いに、インサイダー取引の定義や規制対象者を取り上げた内容や、自社株売買、公開買い付けによるインサイダー取引などの事例を紹介する。動画コンテンツは12種類で、1本の放映時間は約50分。

image コンテンツの例

 「DVD版」と「イントラ配信版」の2種類を発売する。イントラ配信版は、イントラネットのサーバ内にコンテンツをインストールすることで、クライアントPCから動画を閲覧できるようになる。

 価格はDVD版が1枚5万円。イントラ配信版は1サーバ当たり30万円となる。

 イントラ配信版に対応するサーバOSは、Windows Server、Linux、UNIXなど。動作確認済みのWebブラウザはInternet Explorer 6以降、Opera10、Firefox 2.0、Safari。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -