ニュース
» 2006年12月18日 12時35分 公開

アイティフォー、インサイダー取引を防ぐコールセンター向けソリューションを発売

アイティフォーは、通話内容の分析や保存が可能な金融業界のコールセンター向け内部統制ソリューションを発売した。

[ITmedia]

 アイティフォーは12月18日、通話内容の分析が行えるコールセンター向け内部統制ソリューション「ナイスパフォーム」を発売した。通話録音装置と通話内容を分析するソフトウェアで構成されている。

ナイスパフォーム操作画面 ナイスパフォーム操作画面

 ナイスパフォームの通話分析機能は、オペレーターと顧客との会話の中から、内部統制上の問題の可能性がある内容を自動的に検出し、管理者が自分のPCで確認できる。また、通話中にオペレーターが行ったPC操作を管理者のPC画面で再現することもできる。

 これにより、銀行や証券などでは、企業の決算発表前の「売上」「増収」「減益」といいた用語をキーワードとして指定すれば、PC画面にその内容が表示され再生できる。インサイダー取引につながる可能性のある機密情報の管理が強化できるという。

 このほか、文章自動書き起こし機能や音声波形から顧客の感情を判別する感情分析機能など、電話対応時の品質向上を支援する機能も搭載している

 価格は個別見積りだが、参考価格は100席のコールセンターの場合で2000万円からとなる。今後1年間で10億円の売上げを見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ