ニュース
» 2008年06月26日 18時36分 UPDATE

床面積は1134平方メートル:大塚商会がアキバにデータセンター新設 従来比15%の省電力 

大塚商会は秋葉原にデータセンターを新設した。同社が運営しているデータセンターに比べて約15%の消費電力削減を実現した。

[ITmedia]

 大塚商会は6月26日、環境に配慮したデータセンター「第4センター」を秋葉原に設立したと発表した。7月1日に開設する。

 第4センターは、省電力機器などを配置した床面積1134平方メートルのデータセンター。省エネに配慮したサーバやストレージなどを設置し、フロアの空調設備なども見直したことで、同社が保有するデータセンターに比べて約15%の消費電力量を削減した。ブレードサーバも設置できるようになり、システムの集積率を向上させた。

 都心でデータセンターを利用する企業や団体が集まる秋葉原に新設することで、さまざまなインターネットサービスプロバイダと高速で通信できるという。同社はこれまでに渋谷、市川、関西でデータセンターを運用している。

 第4センターでは、顧客企業のシステムに合わせてラックスペースを提供する。価格は4分の1ラックスペース当たり月額8万5000円から。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ