ニュース
» 2008年06月27日 16時02分 UPDATE

法人向けウイルスバスターに追加:トレンドマイクロ、スマートフォンのセキュリティ管理ソフトを発売

ウイルス対策やファイアウォール、認証などの機能を提供するほか、企業の管理者が一元管理できるようになっている。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは6月27日、スマートフォンのセキュリティ管理ソフト「Trend Micro Mobile Security」を発表した。「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0」のプラグイン製品として、7月22日に発売する。

tmms01.jpg ウイルスバスター コーポレートエディションでの管理画面

 新製品は、スマートフォン端末にインストールされたセキュリティ対策製品を集中管理できるもの。ウイルス対策やファイアウォールなどの各種機能の状態確認や定義ファイル、セキュリティポリシーの一斉配布、操作ログの収集・管理といった作業をウイルスバスター コーポレートエディションの管理画面からできるようになる。

tmms02.jpg クライアント側の管理画面

 端末側には、ウイルス/スパイウェア対策とファイアウォール機能を搭載したスタンダード版と、アドバンス版の2種類のクライアントソフトが提供される。アドバンス版はスタンダード版の機能に加え、認証と暗号化の機能も利用できる。認証機能ではパスワード長や有効期限の設定や、認証失敗時の設定(データを消去するなど)の詳細な設定ができ、暗号化機能では端末内のアドレス帳や電子メール、管理者が指定した拡張子のファイル、外部メディアのデータをリアルタイムに暗号化する。

 対応機種はソフトバンクモバイルのX02HTで、X01Tの動作も検証中。参考価格は、100クライアントライセンス導入時でアドバンス版が65万8000円、スタンダード版が32万9000円。販売初年度に10社の利用を見込んでいる。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -